きみはわたしの一番星

オタク生活から抜け出せません。

どっちも好きだから担降りではない話。


さて先日、こちらで私がジャニーズにハマってしまった経緯をこちら

kisremonxxx.hatenablog.com

に書いたのだが、今回はそんな出戻りキスマイ担が何故かジャニーズWESTにも転がり落ちてしまった話をしたいと思う。

 

 

ちなみにこれは担降りではない掛け持ちにも近い何かである。

 

 

 

数年ほど離れていたキスマイにめでたく(?)出戻った私。

その私の友人に、関西Jr.担*1がいた。
友人に私は、

キスマイにまた落ちた

宮田くんは王子様だ

とうわごとのように述べた。自分でも当時を思い出すと引くぐらいには。

 

そんな私に彼女が早朝のファミレスでジャニーズWESTの集合写真を見せてきた。

いったいこいつらは誰なんだ…?

と不可解に思っていると、よく知っている顔を見つける。


あれ?桐山照史くんじゃない???

 

 

  

話を2008年に戻そうと思う。
当時私はテレビっ子*2だった。
両親はドラマが好きで、当時放送されていた「ごくせん」も見ていた。
その中で私が可愛い顔をしているヤンキーだ、と思っていたのが桐山くん扮する倉木悟だった。
でも当時は髙木くんしか知らなかったので、いわゆるモブ程度*3にしか思ってなかった。
その場に中間くんがいたことを知るのは随分後になってからになるが、それはおいておこうと思う。


そして2010年。
私は「流れ星」というドラマにハマっていた*4
そこに出てくる難病の沢村涼太という男の子の演技が非常に大好きだった。テレビ誌も読んでいたので誰が演じているのか確認することが出来た。

演者は桐山くんだった。

それから桐山くんの印象が演技が非常にうまい子、になったのだが、当時はジャニーズらしいということしか知らなかったのでまさかゴールドのバブル跳ねるシャンパンを持っている*5など知る由もなかった。

 


友人から写真を見せられた時は桐山くんしか分からなかったし、しまいには濱田くん・神山くん・藤井くんの名前を全く覚えられないという酷い有様だった。いや他G担*6なのだからそれでもいいのかもしれないが。


そのあとネットカフェでジャニーズWESTの関連動画を見せられたが、まったくもってわからなかった。ただ、「ジャニーズWESTをあばけ!」がやたら面白かったことと、少クラの「キミコイ」が私好みの曲調*7だったことは記憶している。

それから数週間はキスマイにハマりたてだったということもあり、キスマイに浸る毎日だった。
ある日、本当に気まぐれで、キスマイの関連動画にあったジャニーズWESTの曲を聴いた。
どの曲だったか記憶にはない。問題はその次だ。
おそらく暇だったのだと思うが、何気なく関連動画にあった、2013年の少クラin大阪の「シルエット」を見てしまったのだ。
いい曲だなーなどとのんきに思っていると、一番の見せどころでやたらと嬉しそうに歌う可愛い男の子がいた。

え??????????????????????

は??????????????????????

可愛い??????????!?!!!!???!


はい、ドッボーン!である。
その男の子はみなさんご存知、当時の関西Jr.センター・重岡大毅である。

私はその動画で、大天使のようなスマイルキャラメルのような声*8に落ちてしまったのだ。

 

それから重岡くんのプロフィールを調べると、驚愕の事実が発覚した。

 

また話を2014年に戻そうと思う。
当時はキスマイから離れている頃で、新人男性声優を在宅*9で応援していた。
そんな私だがドラマは相変わらず見ていた。

そして見ていたのだ――「ごめんね青春!」を。

しかも私はその中で一番海老沢ゆずる*10が大好きで、えびあまカップルがNL*11一番来ていたのだ。
実は海老沢くんを好きになったきっかけが、笑顔だったのだ。
なんという偶然。
しかし声優オタクをやっている中でその恋にも似た感情*12は忘れかけていたのだ。

もうそれからは留まることを知らない。私はみるみるうちに、しげにもWESTにも落ちていくのだ。

それが2016年4月までの話。

そしてタイミングよく、あの神的ドラマ「世界一難しい恋」やばどの「ヒルナンデス」レギュラーが決まる。


ちょうどWESTや他のG・Jr.*13に目を向けだした頃が、SMAPと事務所の一連の話があった頃で、キスマイもどうなるかわからない…といった仄暗い空気が漂っていた頃である。
今はそんな心配をしなくてもよくなったが、いまだいろいろと問題はあったりする。

私はそんな時期にWESTにハマってしまったこともあり、少し後ろめたささえ感じているのだ。

なぜならはじめにあげたように、私は担降りした訳でないからだ。

 

いまではキスマイに捧げる熱量もWESTに捧げる熱量も同等のものがあると思う。いや、もしかするとキスマイの方が上回っている可能性だってある。
そんな状態のため、ジャス民*14と名乗っていいのか、これは掛け持ちという扱いでいいのか、Twitterにはキス担が多いのにWESTの話ばかり呟いていいのか……いろいろなことを考えた。それはもう持病の頭痛が悪化するくらいには。

 

そして出した結論が、このブログを書くことだった。

 

私は生粋のジャニオタではないので、ジャニオタ文化にいまいち不慣れな面が多いのだが、やはりひとつの切り替えを作るにははてブロに事の顛末を書き連ねる――がやはりらしいのかな、と思ったわけだ。

 

ということで、これからは気にせずなんでも呟くし、不快に思ったらブロック・ミュートで対処シクヨロ☆
と、いうことである。

とりあえず今言いたいこととしては、早くキスマイちゃんとWESTちゃん共演してくれない!!!!?

*1:私をキスマイに出戻らせたきっかけの人

*2:ジャニーズは茶の間・好きなのは嵐

*3:あんまりごくせんを真面目に見ていなかったから

*4:私は幼いころからテレビっ子なのだが、ジャンルとしてはドラマっ子だった

*5:当時照史くんが所属していたB.A.Dのオリ曲

*6:ここではキスマイを指す

*7:こういう懐メロが私の趣向

*8:声優オタクなので声に弱い

*9:現場に行かず応援するスタイル。茶の間と同義語

*10:中の人はもちろん重岡くん

*11:ノーマルカップリング。通称ノマカプ。男女のカップリングの意

*12:海老沢くんのことはリア恋的な目でも親戚のお節介なおばさん的な目でも見ていた

*13:私はA.B.C-ZもSnowManもSixTONESも応援している

*14:ジャニーズWESTのファンの呼称